カーリースは自分の車ではないことに注意

カーリースというのは、自分で車を運転するための手段の1ですが、大きな注意点があります。
それは完全に自分の車になっている状態ではないということです。
カーリースの場合には、車の所有権は誰のもとにあるのか?というと、これはカーリースの会社になります。
つまり、利用者は実際に車を使用している立場であっても、その車はカーリース会社のものであり、自分ものではないのです。
そこがカーリースのサービスの特徴になりますから、そこは当然のこととして知っておかないといけないのです。
そして、カーリースによる車が自分のものではないという状況によって、車を使うときには所有者であるカーリース会社の言うことを聞かないといけません。
例えば、走行距離の制限があったりする場合あり、会社が作ったルールをきっちりと守っていく必要があるのです。
だから、場合によってはやや不自由な使い方を強いられるという可能性もあるのです。
カーリースは便利なサービスではありますが、デメリットもあり、その代表はこういった部分となるので、そこは利用前に覚えておかないといけないのです。
ただ、もちろんメリットもありますから、そういった部分に共感できるような人であれば、カーリースを利用する意味はあります。 おすすめ⇒カーコンカーリース